売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

車庫証明の取り方

車庫証明の取り方

車庫証明は、車を買う人全てに必要な書類申請です。車ユーザーならみんな持っているのが車庫証明です。しかし、この手続き、業者に頼むこともできますが、自分でも申請する事ができます。けっこうカンタンにできますので、もし気が向いたらぜひチャレンジしてみてください。車を買う人にとって車庫証明は気になるところですよね。一度さらっと読んでみてください。

車庫証明とは

書庫証明は、正式には、「自動車保管場所証明書」と言います。車庫証明は、自動車を保管する場所を証明するもので、車を買ったら確実に必要な書類です。現在あなたが住んでいる場所から直径2キロメートル以内に車庫を確保しておく必要があります。それを証明する書類を警察署に申請して一週間くらいで車庫証明が交付されます。車の名義変更をした場合も車庫証明が必要になりますので、注意してください。知人に車をあげたりすると車庫証明も変えないといけないですね。

どのくらいお金がかかるの?

料金は、業者や車を購入した所に頼むと、だいたい1万5千円から2万円くらい料金がかかります。けっこうかかるものですね。しかし、これが自分で申請すると2千5百円から3千円くらいしかかからないのです。自分で車庫証明すると全然値段が違いますね。安くすませたいならだんぜん自分で車庫証明をする方が良いですね。

どんな書類が必要なの?

買取り アップル

車庫証明に必要な書類は、警察署でもらえます。車庫証明は、自動車保管場所証明申請書、車の保管場所の所在図や配置図、保管場所使用権原疎明書面(自宅車庫の場合)、保管場所使用承諾書(保管場所を借りている場合)が必要です。これらの書面は警察署でもらえますので、警察署に行って、書類を書きましょう。地域によって書く書類も違いますので、注意してください。これだけで書類は全てです。この書類を書いて、警察署に提出すれば1週間もすれば社交証明が交付されます。
気をつけないといけないのが、平日にしか窓口が空いていないこと。平日に行かないといけないのは少しネックですよね。しかも最低でも2回行かなければいけないので、難しい人はいるかもしれませんね。逆に言うと、そこがクリアできれば、自分で車庫証明した方がお得ですよね。

交付される書類

車庫証明が交付されると、車庫証明(自動車保管場所証明書)、保管場所標章番号通知書、保管場所標章がもらえます。車庫証明は、陸運局に転出し、保管場所標章番号通知書は車内に保管、保管場所標章は車のどこかに貼り付けておきましょう。