売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

買取りと下取りの違い

買取りと下取りの違い

車を売る時に気になるのが買取と下取ですよね。買い取りと下取りの違いをしっかり知っていないと、もしかしたらあなたは損をしてしまうかも!?しっかり違いを知って賢い車の売り方をしましょう

買取り

買取りとは「愛車を売って、現金を受け取る」事です。その現金で次のクルマ購入の資金にあてることができますね。

買取り値段の決め方・買い取り相場

オークション相場を参考にして、今買い取れる最高値を設定します。大型買取専門チェーン店になると、全国の相場情報を考慮に入れながら基本価格を決めます。ですので、買い取り相場は常に変動します。
エアロ、アルミホイール、カーナビなどの正規品ではない社外品パーツを買い取りの値段へしっかり入ってくるのも買い取りのいい所ですね。

下取り

下取りとは、「愛車を売って、その売った販売店で次の車を購入する」事です。ですので車を売る行為と買う行為を同じ販売店で行うという事になります。

下取りの決め方・買い取り相場

各販売会社が用意している下取り基本価格表を元に価格を決めていきます。下取り基本価格表はそんなに頻繁に変更する事はなく、他社の買い取り価格や動向にはあまり敏感ではありません。安定した価格で車が売れるでしょう。
また正規品以外の社外品パーツに対して値段にほとんど反映されない点を注意した方がいいでしょう。

買取?下取?どっちがお得?

一般的な傾向として、買取りに有利な車、下取りに有利な車があります。基本価格設定に違いがありますので、その違いを上手く使って、お得な方に売りましょう。

グーネット

まず、買取りに有利な車は、人気のある車です。人気のある車はオークション相場でも高値で取引されている場合が多く、オークション相場に敏感に反応する買取りの方が高値で買い取ってくれる可能性が高いです。社外品パーツがたくさん付いているクルマも買取りの方が有利でしょう。
また、その店がよく押しているメーカー、ブランドは、そのクルマがほしいために、通常よりも高めの値段をつけてくれる事があります。他にも買い取りの方は、相場変動に敏感に反応しますので、クルマの相場が高い時期に売ると高く売れますし、交渉のときに他社の値段をひきあいに出して値上げ交渉もできるでしょう。

次に下取りに有利な車ですが、下取りに有利なクルマは、古い車種や人気のない車でしょう。オークション相場などで低めの値段を設定されがちですが、下取りだと一定の値段をつけてくれるので、買取りよりも高値になる事が考えられます。
またクルマ相場が低い時でも一定の値段をつけてくれるので、そういう時期に売ろうとするのならば下取りの方がいい場合があります。下取りの場合、確実にクルマも買ってくれる訳ですので、交渉次第で「しょうがないからちょっと補填しておきますよ」といって、同情して高めにしてくれる事もあります。まーほんのちょっとですけどね(笑)

まずは一括査定サービスに登録して車を売ろう

買取にするか、下取にするか、車の売り方をどちらにするにしても、まずはクルマの相場を知っておかなければ話になりません。なのでまずは一括査定サービスに登録して自分のクルマの相場を知りましょう。クルマを売る基本です。