売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

新車と中古車の購入時経費の違い

新車と中古車の購入時経費の違い

新車を買おうか、中古車を買おうか迷っているあなたには重要な違いですよね。どういう点が違ってくるのかしっかり確認しないとせっかく中古車買ったのに高くついちゃった、新車買ったけど中古車買う方が断然お得だったじゃん、なんて事になってしまいますもんね。車は高いお買い物ですので、慎重に下調べをして買いたいものです。それでは見ていきましょう。

新車と中古車の違いは車検が残っているかどうか

税金等は、新車でも中古車でも同じようにかかるものです。つまり新車にはかかるけど、中古車にはかからない経費といえば、車検が残っているかどうかという点のみだけとなります。車検が残っていれば支払いの必要はありませんので、車検証の名義変更を行って、必要に応じてナンバーの交換などを行います。自賠責保険料も、車検がある場合とない場合で金額は変わってきます。

自動車税や自動車取得税、自動車重量税などの税金は、どちらも支払わないといけない

新車の値段の5%が自動車取得税になります。軽自動車は3%です。古い車だと取得税がかからない場合がありますが、新車、中古車にかかわらずかかる税金だと思ってください。車種によっては免税になる場合もありますよ。
自動車重量税は重量、自動車税は排気量、によって払う税金が変わってきます。
つまり基本的に税金は、中古車であろうと、新車であろうと変わりません。

販売諸費用は、しっかりとしたチェックが必要

買取り アップル

新車であっても中古車であっても注意しないといけないのが販売諸費用です。ついうっかりして、車両価格のまま買えると思ってしまって経費の事忘れてたって人がけっこういますよね。新車でも中古車でもいわゆる代行料がかかるので気をつけないといけませんね。販売諸経費は、店によって値段が違いますので、気をつけないといけません。車の値段は安いけど、この辺の経費が高くて結局高くついたなんて話はよく聞きます。車で利益を出さずに経費で利益を出そうとする店もありますので、必ず購入する際はチェックが必要です。

  • 登録諸費用、登録代行手数
    だいたい2万円前後が相場でしょうか。これをカットする事はできないので、高すぎる場合は交渉して料金を下げてもらうしかないですね。
  • 車庫証明費用
    1万5千円程度ですが、自分でも車庫証明をしようと思えばできるので費用を浮かしたい人は自分でやってみてもいいですね。
  • 納車費用
    1万円程度でしょうか。いらないといってもしつこくなんだかんだ理由をつけて入れてきます。本当はいらない経費のはずなんですけどね・・・・カットできるならなるべくカットしたいですね。車を買ったのに車の移動にお金がかかるなんて、変な話ですよね。
  • 下取り車費用
    2万円程度が相場でしょうか。これもちょっとよくわからない費用ですよね。なぜこんな費用がかかるのか、必要な費用なのかもよくわからないです。これも交渉次第で無料になったりしますので、しっかりチェックしておいた方がいいですね。下取り車費用は、最近かからない店もありますので、かかるなら他店で買うと交渉で言ってみてもいいかもしれません。

結局、販売諸費用もしっかり値引き交渉をすべきです。このような経費は店によって違ってきます。車の値段ばかりに目をとられてしまってはいけません。トータルで安くならないと意味がありませんから。最初にトータルでの値段を見積もりしてもらうといいかもしれません。