売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

名義変更に必ず必要な書類

名義変更に必ず必要な書類

あなたが車を売りたいと思うならば避けては通れないのが、名義変更。車を売却したいと思うのならば、必ず車の名義変更の手続きが必要となります。そんな名義変更の手続きは、たくさんの書類が必要になります。名義変更の手続きをしないと売却する事ができなくなってしまいます。買い取り業者に頼むにしても必要となるので、注意しましょう。名義変更をしないと車は売却できません。しっかり名義変更のための書類を用意して、きっちり売却しましょう。

車検証

車検証は、番号や発効日、発行者の職名やQRコード、車名、車体番号、型式、排気量、大きさ、住所、名前などが書いてある重要な書類です。車検がたとえ切れてしまっていても必要になりますので、注意してください。もし無くなってしまったら、運輸支局か、自動車検査登録事務所で再交付しなければいけません。自動車検査証は大事なものなのでしっかり持っておきましょう。

自賠責保険証明書

ガリバー買取り

新車を買った時や車検の時に加入した自賠責保険の証明書です。必ず車を持っている人が加入しなければならない保険です。任意保険の補助的な役割のこの保険は、さまざまな手続きを行う際に必要となる書類です。ちなみに、自賠責保険に入っていないと1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点という罰則になるので注意してください。
名義変更の時も自賠責保険証明書が必要となってきます。車検が残っている場合に、自賠責保険証明書が必要となります。もし無くなってしまっていたら、加入している保険会社に連絡して再交付してもらいましょう。

自動車税納税証明書

毎年4月に金融機関やコンビニなどで納めている税金です。車の排気量に応じて課される税金で、しっかり収めると次の月などに、納付書が送付されてくると思います。その自動車納税証明書が必要になります。もし無くしてしまった場合は、各都道府県の税事務所か自動車税管理事務所で再交付してもらえます。軽自動車の場合は、軽自動車納税税証明書になります。

譲渡証明書

名義変更に必ず必要な書類です。売却や譲渡で自動車の所有者が変わった場合に、いつ、誰から誰に、どの車を譲渡されたのかを証明する書類です。
買い取り業者やディーラーが用意してくれますが、自分で売却する場合は、譲渡証明書が必要となりますので、注意してください。

実印

ハンコが必要となります。そして、その実印登録証明書も同時に必要となってきますので、注意してください。