売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

交通事故を起こした場合

交通事故を起こした場合

車を持っている限り交通事故をする可能性はどうしてもあります。安全運転はもちろんですが、車を持っているならば、もし事故をした場合の対処をしっかり把握しておきたいもの。事故があった時は、加害者であろうと被害者であろうと、動揺して頭が真っ白になるのが普通です。普段からどうすればいいかをしっかり確認しておきましょう。

すぐに対処すべき事

グーネット
  • 応急措置
    事故が起こった瞬間、スグに車を止めて、ケガをしたかどうかの確認をしましょう。ケガをしていれば応急処置をしましょう。命に関わる事を怠ると、大変な事態に発展し、取り返しのつかない事にもなりかねません。また応急処置を怠ると義務違反になり、罰則もありえますので気をつけてください。救急車が必要な場合はすぐに電話をしましょう。
  • 二次災害を防止
    事故後、車やケガをしている人を安全な場所へ移動させましょう。しかしケガをした人が、動かせないような重症の場合は無理に動かさずに、他の対処で二次災害を防止しましょう。

事故がおきて少し落ち着いたら

  • 警察へ報告
    事故が起きたらすぐに警察へ電話しましょう。報告義務がありますので、警察に連絡しなければ、罰則もありえますので注意しましょう。警察への通報を止めてくれと言われる場合もありますが、絶対に警察に連絡した方がいいです。トラブルに巻き込まれる可能性がかなり高いです。点数が少ない、仕事に関わるなど、いろんな理由をつけてきますが、警察に連絡しないと、あとでなかったことにしたり、もみ消したりしようとしてきます。あとの祭りになる可能性もありますので、必ず警察へ連絡しましょう。
  • 相手の車両や連絡先などを確認しよう。
    被害者であろうと、加害者であろうと、相手の名前、住所、連絡先、ナンバープレート、保険会社などを確認しておきましょう。しっかりわかっていないとあとで手続きが手間取ったり、最悪の場合は逃げられる可能性もありますので、しっかり確認しておきましょう。
  • 保険会社へ連絡
    自分の保険会社へ連絡しましょう。入っているプランによっては、事故が起きた時にさまざまなサービスが受けられる可能性があります。冷静に今すべき事を指摘してくれますし、その後、保険会社が示談交渉したりしますので、事故後すぐに連絡した方がいいです。
  • 証拠収集
    カメラがあれば写真を撮っておきましょう。携帯カメラでもかまいません。その写真があなたを有利にするかもしれません。遠めの写真、アップの写真など、さまざまな写真をとっておきましょう。
  • 相手との確認
    事故による大きなケガがなければ、車両の壊れた箇所などをチェックして、メモを取って、内容を双方でチェックしておくとよいでしょう。めんどくさいと思ってもしっかりやっておけば、あとあとトラブルになる可能性が低くなります。トラブルになる場合、たいていこのような話し合いをもっていない事が多いです。
  • 必要なところへ連絡
    家族、勤務先、予定先などへ連絡しておきましょう。事故の処理は思ったよりけっこう時間がかかるものですので、時間がかかる事を伝えた方がよいでしょう。
  • 目撃者の連絡先を聞いておこう
    可能であれば、連絡先を聞いておいた方がよいです。相手が拒否する場合もありますので、無理に聞こうとはしないように。警察へ目撃者がいる事を伝えておくのも良いでしょう。

一段落したら

  • 病院で診察してもらう
    被害者であっても加害者であっても、違和感があれば病院でとりあえず診察してもらう方がよいでしょう。頭などを打っていたらなおさらです。時間が経って痛みが出る場合もありますので、そのような場合はすぐに診察してもらいましょう。あとから痛みが出て診察してもしっかり手続きをすれば、治療費がもらえる可能性がありますので、保険会社や相手側へ連絡しておきましょう。
  • 領収書や診断書はしっかり保管
    治療費や修理費を請求する場合、その証拠がいりますので、しっかり保管しておきましょう。