売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

事故減価額証明書

事故減価額証明書

車は、交通事故など事故車、修復歴のある車になると、車両価値がどうしても落ちてしまいます。事故減価額証明書とは事故をした車についている証明書です。事故減価額証明書がついている車は事故を起こした車という事になります。しかし、事故減価額証明書がある車だから一概に避けた方がいいのでしょうか?そもそも事故減価額証明書とはどういうものなのでしょうか?詳しくお教えしますね。

事故減価額証明書とは

買取り アップル

事故減価額証明書は、財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が発行している適正な事故減価額を証明するものです。これまでの商取引におけるデータから割り出されている金額です。この事故減価額証明書によって、どのくらい車の価値が下がるのかが決まります。
この事故減価額証明書は、さまざまな事故に適応されます。修復歴があると事故車になります。しかし、事故をしたからといって確実に事故減価額証明書が発行されるとは限りません。事故の大きさによって、証明される場合と証明されない場合があるのです。キズついた場所によって値段が変動します。

事故車は敬遠される

やはり事故車は敬遠されます。なぜならば、修復したからといって、それ以外の所が本当に修復されているのかわからないからです。内部で故障しやすい車になっている可能性もあります。また事故車は強度が低下している可能性もあります。事故車はその修復場所以外の所も気になります。またどのような事故をしたのか気になる所ですよね。
このように事故車は見えない所で故障している可能性があるので、敬遠されます。その判断は正しいと言えますが、もしかするとその判断は損をしているかもしれません。

事故車の中には掘り出し物も

実は事故車の中には、ちょっとした事故にも関わらず修復歴ありとなり、事故減価額証明書が発行されてしまっている車もあるのです。例えば駐車しようとしてミスをしてバックで壁にぶつけてしまった、切り替えでミスをして電柱にぶつけてしまった、などバンパーやトランクスペースなどが少しへこんでしまったような車でも事故者扱いされていることがあるのです。このような車は、修復されていれば、なんの問題もなく走りますし、値段も事故減価額証明書が発行されていて、お得な値段になっています。
もしほしい車で事故減価額証明書が発行されている車があったら、しっかり事故減価額証明書を見てみましょう。お得な車があるかもしれませんよ。