売る時期のベストなタイミング、買う時期のベストなタイミングをお教えします!

下取りと買取どっちがいいの?

車を「売りたい人」

下取りと買取どっちがいいの?

中古車を売りたいけど、どうすればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。中古車を売るタイミングはどうなっているのかわからないですよね。まずは下取りと買い取り、どっちがお得なのか、検証していきましょう。自分の車は、下取りの方がいいのか、買い取りの方がいいのか、どっちでしょうか。

下取りとは

下取りは、新車や中古車を購入するにあたり、それまで乗っていたあなたの愛車をディーラーに売ることを言います。つまり車を売る会社と車を買う会社が同じという事になります。ディーラーに新車の価格から自分の乗っていた中古車の売却額をひいた料金を払うだけなので、支払いが一回で済みますね。

買い取りとは

買取りは、車買取り会社にあなたの車を売って現金をもらうことをいいます。どんな車種でもしっかり査定してくれるので、安心ですね。またあなたの売った中古車のお金は何に使っても自由な所も魅力ですよね。

下取りのメリットデメリット

ガリバー買取り

下取りのメリットとしては、新しい車が納車されるまで自分の車にずっと乗ることができるのがメリットですよね。車を切り替えるのがスムーズなので、生活に支障をきたす事がなく、余裕を持って車の売却、購入ができます。またあまり人気のない車やよく走っている車であっても売却ができる所が魅力です。その他にも交渉相手が一人ですし、書類の提出先も一つなので、面倒な手続きをいっぺんに行う事ができるのがメリットですね。
デメリットとしては、下取りによる値引き、購入による値引きなのかよくわからず、どのくらい得したのか、損したのかがわかりにくい所があります。値段が曖昧になりがちなので、そのあたりがデメリットです。他にもオプションなどのプラス要素があまり評価されず値段に反映されない所もデメリットです。買取してもらった方が値段が高かったという事がありえます。

買取のメリット、デメリット

買い取りのメリットとしては、さまざまな業者に見積りを依頼することができて、一番高く評価をしてくれた業者に車を買取りする事ができるので、あなたの車が最大限売れる値段で売る事が可能となります。なるべく高くあなたの車を売りたいですよね。それには買取りが一番ですね。オプションなどのプラス要素もしっかり査定してくれるので安心です。現金を受け取れるのも魅力の一つです。
デメリットとしては、すぐに車を渡さないといけないので、車を乗り換えるのであれば、次の車が来るまで車がない期間があるという事です。車がない期間があるのは少し不便ですよね。その辺りも交渉次第でなんとかなるので、上手く乗り換えたいですね。